毛皮の買取のことなら毛皮買取ナビ.netにおまかせ

タンスやクローゼットに眠ったままの毛皮をお持ちではありませんか?
例えばサイズが合わなくなったとか、新しい毛皮を買い足したから前の毛皮を着なくなったなどの理由から毛皮を仕舞ったままという方が多いのではないでしょうか。そのまま保存していてもいいのですが、着なくなった毛皮をそのままにしていても邪魔になるだけです。そんなときこそ毛皮処分を決断しましょう。

毛皮の処分を考えるとき、毛皮買取ナビ.netを利用することをおすすめします。おすすめしたいわけは、毛皮の買取専門店をランキング形式で紹介しているからなのです。ランキング上位の専門店はすべておすすめの買取業者として多くの方が利用しています。それぞれのお店は買取実績も多いことで知られています。

徹底的にリサーチしたことで厳選されたランキング上位の専門店。オススメ評価指数を5段階評価で、そのほか安心ポイント、対応スピード、取引実績、土日祝の対応、お店の特徴なども紹介しています。これらの情報を元に、気になる買取専門店を選ぶといいでしょう。

また、毛皮買取専門店以外にも、毛皮の買取に関する豆知識、注意点、毛皮のお手入れ方なども紹介していますので、そちらも合わせて参考にしてみてはいかがでしょうか。

No Comments

古銭から見える歴史的様相

古銭収集と聞くと、ちょっとした、お宝発見みたいなイメージがします。
古銭買取は古物商の仕事ととも関連していますよね。

古物を扱う商いのもともとは、江戸の初期に、商われた京都の古道具屋からはじまっているとか。
古した道具類を売買する店が京都にできると、同じような商売が大坂や江戸でも見られるようになり、江戸中期には「こどうぐや」と呼ばれるようになっていたそうです。

取り扱い商品は、家具類、陶磁品や掛軸などを露天などで販売されていたという記録があるとか。

世界的な古物取引で馴染んでいるのは、パリの蚤の市でしょうね。蚤の市は、毎週土・日・月曜日にパリの街で開かれるようです。

ところで、古銭学という学問があることをご存じでしたか?

古銭には、歴史的価値が詰まっており、使われていた時代の文化や風土、日常的背景などを知るための歴史的資料になっていますが、貨幣に刻まれている文字やデザインなどの研究なのだそうです。

古代ギリシャの貨幣のデザインは、動物や植物をモチーフにした時代と動植物と神の姿を同時に描いた時代があるそうです。

古銭収集は、祖父や曾祖父世代に多くいたようですから、遺品整理の時には「なんだこれ?」と思わずに、注意深く点検してみましょう。

詳しいことは、古銭買取業者が参考になります。

No Comments

「竜文切手」を見てみたいと思いませんか?

切手の役割は、ご存じのように郵便料金を前納したことの証明に郵便物に貼り付けるわけですが、1840年イギリスで発行された切手が、世界最初の郵便切手と言われています。

1840年までは、郵便料金は前納ではなかったようで、このときに発行されたのは、ビクトリア女王の横顔を描いたもの。
切手には2種類あり、黒色の1ペニー切手と青色の2ペンス切手。

当時の切手は、裏側のノリ付けの原理はいまと同じ、ちがっているのは、切り取れるミシン目が入っていなかったそうです。

このイギリスの前納払いシステムが全世界に広まって、現在の形式になったそうです。

この当時の切手を、切手買取りで査定して貰ったら・・・いくらぐらいになるのでしょうね・・知りたいです。

日本では、1871年4月の東京―大阪間の郵便制度が政府により発足。
当時、4種類(48文、100文、200文、500文)の切手が発行されています。

当時つくられた4種類の切手は、裏糊も切り取るためのミシン目もなく、非常に不便なものだったそうです。

図柄は、2頭の向かい合った竜が描かれており竜文切手とよばれています。

日本最古の切手は、切手買取りサービスではいくらで査定してくれるのでしょうか?
こんな切手を所持していたら楽しいでしょうね。

その他、いろいろな切手を買い取ってくれるそうです。

No Comments